HOME > 

「おススメの場所」は人それぞれ

仕事や結婚などで三重県に引っ越しをしなくてはいけなくなった場合、「どこに住んだらいいですか」「どこがおすすめですか」という質問をよく見かけます。 このような質問になると、「三重県」というととても広いくくりになるので難しいかもしれません。なぜなら勤務先や、便利、住みやすいといった基準が人によって異なるからです。 三重県に住んでいる知り合いに、どのあたりがおすすめかを聞いたことがあります。すると返ってきた答えは、車を持っている人であればどこに住んでもあまり変わらないとのことでした。全体的にのどかな土地柄の三重県は、車を持っていればどこに住んでみても同じようなものだというのです。 ところが、車を持っていない人は場所を選ばなければなりません。そこが三重県の難しいところなのだそうです。

三重県で一番発達している公共交通機関は近鉄だそうです。バスやJRよりも近鉄の方が便利であるという特徴があります。したがって、近鉄が通っている場所に住むのが比較的便利といえるのかもしれません。 しかし、何度もいうようにあくまでも基準は人それぞれなのです。今車を持っていなくても近々車を購入する予定がある人は、こういった事情はそんなに気にすることもないかもしれません。

このページの先頭へ

津市と鈴鹿市に注目

このように、「住みやすくておすすめの場所」という地域を特定することが難しい代わりに、三重県というのは「住みやすい県」として有名です。のどかで、自然も多く、買い物にもあまり困りません。県自体が住みやすい土地として有名なのです。 でもやっぱり引っ越してくるときに部屋を借りる目安がほしい、と思われる方に、一部の市を賃貸情報を交えてご紹介しようと思います。

賃貸私が今回ご紹介しようと思うのは、津市と鈴鹿市です。津市は三重県庁がある市として、三重県の中心的存在です。鈴鹿市は、鈴鹿サーキットなどの施設で有名な地域です。 今回は、その二つの市に注目しながら、市の特徴や賃貸情報をご紹介していこうと思います。

このページの先頭へ

BOOKMARK

HOME >